家庭用エアコン・業務用エアコンの買取専門店!!全国対応のエアコン買取王

家庭用エアコン・業務用エアコンの買取専門店!!全国対応のエアコン買取王

買取実績業界No.1
  • 出張買取
  • 店頭買取
お気軽にどうぞ 0120-310-444 受付時間:9:00〜18:00
エアコン買取査定はこちら
9:00〜18:00 タップで今すぐ電話
他社でエアコン処分・回収するならエアコン買取王へ
  • NEW ARTICLE!!
    最新記事

    エアコンが効かない7つの原因|5つの対策で「効きが悪い」を解消

    2021/09/09 更新 エアコン豆知識

    目次

    • 1. リモコンの設定が変わっているから
    • 2. フィルターにホコリが溜まっているから
    • 3. 室外機が汚れているから
    • 4. 室外機の周りに物が置かれているから
    • 5. 冷媒ガスが不足しているから
    • 6. エアコン性能と部屋の大きさが合っていないから
    • 7. 内部センサーが故障しているから
    • ・植木鉢
    • ・自転車
    • ・子供用のプール
    • ・ゴミ箱
    • ・収納用のコンテナ
    •  

      一時的に室外機の近くに置いたものの、そのままになっているケースが多いのでしょう。

      しかしそれだと室外機の熱が放出しづらいので、エアコンが効かない原因になります。

      室外機の周りに物を置かないようにしましょう。

       

      1.5. 冷媒ガスが不足しているから

      「冷媒ガス」が漏れて不足しているから、エアコンの効きが悪いのかもしれません。

      冷媒ガスとは「空気の温度調整のため、室内機と室外機を往復しているガス」のことです。

      通常はエアコンの配管に充填されているのですが、たまに漏れて室温調整がうまくいかなくなることがあります。

       

      1.6. エアコン性能と部屋の大きさが合っていないから

      エアコンの取扱説明書を確認し、何畳用のエアコンか確認しましょう。

      エアコンの規格とあなたの部屋の大きさが合っていない可能性があります。

       

      そもそもエアコンには「○畳用」など適切な部屋の大きさが設定されています。

      そのため部屋の大きさに合っていないエアコンだと、どれだけ高性能でも部屋を冷やしたり暖めたりは難しいのです。

      たとえば「20畳用の部屋に15畳用のエアコンを設置」した場合では、足りない5畳分をフルパワーで冷房を効かせることで補おうとします。

      フルパワーで補い切れればまだ電気代の問題だけで済みますが、西日や窓が大きいなど部屋の環境によっては、フルパワーでも追いつかない場合があります。

      こうして「エアコンからは冷風が出ているけれど、部屋が暑い」という状況が生まれてしまうのです。

       

    ちなみにこの原因は、引っ越し先にエアコンを持っていく場合に多いトラブルです。

    「今あるエアコンでなんとかしたい」と考え、そのまま持っていくことで発生します。

    エアコンは最適な部屋の大きさに合わせて作られていますので、エアコンと部屋の大きさが合っているか今一度確認してください。

     

    1.7. 内部センサーが故障しているから

    エアコンが効かない原因で、内部センサーの故障が考えられます。

    エアコン内部には「サーミスタ」と呼ばれる温度センサーが搭載されています。

    このセンサーが感知した情報をもとに、エアコンの制御システムが動くようになっているのです。

    しかしセンサー自体が故障してしまうとエアコンの動作自体が正常に動かなくなるので、設定した温度にならないことも。

    ここまで挙げた他の原因に当てはまらない場合、内部センサーや本体どこかの故障が考えられます。

    その場合は、修理もしくは買い替えを検討しましょう。

     

    2. 「エアコンの効きが悪い」と感じたときの5つの対策

    「エアコンの効きが悪い」と感じたら、以下5つの対策を試してみましょう。

     

    1. 1. フィルターのホコリを掃除してきれいにする
    2. 2. 室外機の吹き出し口やファンを掃除する
    3. 3. 室外機の周りの物を移動させ、スペースを作る
    4. 4. 冷媒ガスを補充する
    5. 5. 扇風機やサーキュレーターを使う
    6. ・濡らしたタオルをかける
    7. ・すだれなどで直射日光を避ける
    8.  

      室外機の熱放出を回復する対策をして、エアコンの効きをよくしましょう。

       

      2.4. 冷媒ガスを補充する

      冷媒ガスが漏れていると分かったら、専門業者に連絡して冷媒ガスを充填してもらいましょう。

      冷媒ガスは自分でも充填できますが、密封が甘く再発してしまう場合などがあるのでプロに任せたほうが安心です(冷媒ガスそのものは少量なら人体に影響のあるものではありません)。

       

      もし新しく取り付けたエアコンなのに冷媒ガスが漏れているとしたら、取り付けミスの可能性があります。

      その場合は無料でやり直してくれる場合もあるので、業者に連絡ししっかり対応してもらいましょう。

       

      2.5. 扇風機やサーキュレーターを使う

      「エアコンからは冷風が出ているけど、部屋が一向に冷えない」場合、扇風機やサーキュレーターを使うことでエアコンの効きが改善するかもしれません。

      エアコンから出ている風を、扇風機やサーキュレーターで部屋全体に届かせるイメージで置きましょう。

      おすすめはサーキュレーター

      サーキュレーターとは「直線的で遠くまで風を起こす」機器のことで、扇風機よりも遠くに風を届けられます。

      エアコンの向かいにサーキュレーターを置き、エアコン方向の天井に向けてサーキュレーターを置くと、部屋全体に空気が循環します。

      扇風機やサーキュレーターで、エアコン性能の足りない部分をカバーしましょう。

       

      3. 部屋が涼しくならないのはエアコンが寿命を迎えている可能性がある

      エアコンが効かなくなったのは、寿命を迎えているせいかもしれません。

      一般的にエアコンの寿命は約10年と言われています。

      使用状況などにより経験劣化がどれくらい進んでいるかにもよりますが、耐用年数から10年以上使っているのなら寿命である可能性も視野にいれてください。

      修理すればまだ使えるかもしれませんが、修理した以外の部分がすぐ壊れるのはよくある話で、買い替えのほうが安く済むことも(そもそもメーカー側の部品の保有年数が10年程度になっているので、修理そのものができないこともあります)。

      関連記事:エアコンの寿命は何年?壊れる前兆と買い替えの基準を紹介

       

      なお「買い替えるなら少しでも安く良い物を買いたい」とお考えなら、エアコン販売王がピッタリです。

      エアコン販売王は「高品質・低価格」がモットーの中古エアコン専門店です。

      「中古エアコンなんて汚いのでは?」「すぐ壊れてしまうのでは?」と不安な人もいるかもしれませんが、ご安心ください。

      エアコン販売王では国内にエアコン整備専門工場をもっていて、1台ずつ丁寧に分解・洗浄・整備しています。

      そのため中古とは思えない、質の高いエアコンが安く手に入ります。

      修理も一つの解決策ですが、エアコンに限らずある程度古い家電製品の修理はモグラ叩きのようなもの。

      きちんとした整備されたエアコンにお得に買い替える方法が、時間とお金の節約にぴったりです。

       

      4. エアコンの故障原因が知りたいときはタイマーランプを確認

      ここで紹介した対策しても改善しない場合は、エアコンが故障している可能性があります。

      その場合は取扱説明書を確認し、エアコンのタイマーランプを確認してください。

      機種によっては、故障をランプの点滅でお知らせしてくれます。

      もし故障であることが判明したら、修理や買い替えを検討するべきです。

       

      ちなみに買い替えるときは、今お使いのエアコンは無料買取ではなく、下取りに出しましょう。

      「このエアコンに値段なんてつかないよね」と思っていても、案外数千円程度の値段がいてしまうことがあるからです。

      関連記事:得だと思ってた!エアコンの無料回収はもったいないってホント!?

      なおエアコン買取王では13年以上使われたエアコンでも買い取り対象に。

      故障表示が出ていたらエアコン買取王にぜひご相談してください。

       

       

    5. 対策しても改善しないなら買い替えましょう!

    エアコンが効かない原因から対策を説明しました。

    エアコンが効かないおもな原因は7つです。

     

    1. 1. リモコンの設定が変わっているから
    2. 2. フィルターにホコリが溜まっているから
    3. 3. 室外機が汚れているから
    4. 4. 室外機の周りに物が置かれているから
    5. 5. 冷媒ガスが不足しているから
    6. 6. エアコン性能と部屋の大きさが合っていないから

「久しぶりにエアコンを起動したら効きが悪くて部屋が涼しくならない。故障かも分からない。」とお悩みではありませんか?急にエアコンの効きが悪くなっても、何をどうすればいいのか分からないですよね。とはいえ専門業者を呼ぶ・・・

この記事をもっと読む

  • 2020/05/15 更新

    エアコンの買取相場は?高く買い取ってもらうためのポイントを紹介!

    もくじ 1、各畳数の買取相場 2、メーカーごとによる買取相場 3、エアコンを高く買い取ってもらえる時・・・

    この記事をもっと読む
  • 2019/12/19 更新

    引越しするときのエアコンの取り扱いはどうする?最もオトクな方法が知りたい!

    目次 ①引越しの際にエアコン移設はどうするべきか? ②エアコン移設を業者に依頼するときに費用とは ③・・・

    この記事をもっと読む
  • 2019/08/01 更新 エアコン豆知識

    冷房の節約方法まとめ。これでこの夏は節電冷房生活

    目次 ①節電に最適な温度、風量はある? ②エアコンはつけっぱなしが正解!自動運転が最適 ③扇風機・サ・・・

    この記事をもっと読む
  • 2019/08/01 更新 エアコン豆知識

    冷房による手足のむくみ。原因とむくみ対策法。そして必見・解消法も!

    目次 ①なぜ足がむくんでくるの?冷房むくみのメカニズム ②冷房によるむくみへのバッチリ対策法! ③む・・・

    この記事をもっと読む
  • 2019/08/01 更新 エアコン豆知識

    冷房で喉を痛める前に読む処方箋。原因と対策

    目次 ①冷房で喉が痛くなるのはなぜ?原因を知ろう! ②冷房から喉を守るための対策4選 ③寝る時はどう・・・

    この記事をもっと読む
  • 2019/06/26 更新 エアコン豆知識

    冷房を効率化させるにはサーキュレーター。扇風機との違いは?

    目次 ①冷房+サーキュレーターで冷房効率がアップ ②サーキュレーターと扇風機の違い ③サーキュレータ・・・

    この記事をもっと読む
  • 2019/06/26 更新 エアコン豆知識

    冷房の乾燥の原因を解説。しっかり加湿で病気や肌荒れ対策に

    目次 ①乾燥がまねく病気や肌荒れ ②冷房の乾燥の原因は? ③乾燥を防ぐにはやっぱり加湿が大切。カサカ・・・

    この記事をもっと読む
  • 2019/06/26 更新 エアコン豆知識

    冷房の臭いを撃退!原因と効果的な対策はこれ!

    目次 ①冷房のにおいの原因は? ②噂の冷房18℃は効果あるの? ③どうしたらいい?効果的な対策方法は・・・

    この記事をもっと読む
  • 2019/06/05 更新 エアコン豆知識

    冷房はいつからつける?本格運転の前にしておかなければいいことは?

    目次 ①冷房はみんないつから、何度からつける? ②夏の本格運転を前にしておいた方がいいことは? ③古・・・

    この記事をもっと読む
  • 24時間受付中 簡単30秒査定

    お名前必須「ひらがな」もしくは「カタカナ」でご入力下さい。

    電話番号(ハイフンなし)必須

    メールアドレス必須

    郵便番号(ハイフンなし)必須

    台目

    削除

    メーカー必須

    年式必須

    室内機 型式必須室内機の型式を調べる

    買取時の取外し工事必須

    種別必須

    エアコンを追加

    エアコン買取王
    簡単30秒査定(メール)
    出張買取(要取外工事)出張買取(取外済)
    買取