エアコン取り外し方法

エアコン取り外し方法

意外と簡単!?エアコン自分で取り外す方法
エアコン自分で取り外す方法

ほとんどのエアコンには室外機の室内機があり、一見構造も複雑そうに見えるためなかなか自分で取りはずそうという発想にならないかもしれません。洗濯機であればつながっている線も簡単で、電源コード、アース、排水くらいで、すべて目に見えて いるので安心ですが、エアコンはそうはいきません。
しかし、意外と簡単に取り外してが可能で、多少の工具があればすぐ取り外しが可能なのです。ここでは、自分でエアコンを取り外す方法について細かく解説します。

業者に依頼した場合の費用

まず、取り外し方法の解説の前に業者に依頼した場合どの程度の料金がかかるか解説します。
通常の設置方法であれば5000円から8000円程度で取り外ししてもらえます。 先ほども記載しましたが、エアコンの取り外しては意外と簡単にできてしまいますので、これだけでも高く感じてしまいます。 さらに特殊な設置方法の場合はさらに追加料金がかかってしまいます。 通常の設置方法とは、室外機と室内機が同一階にあり、室外機が床に置かれている場合のことを指しますので、それ以外の方法で設置されている場合は追加料金がかかると考えた方がよいでしょう。

室外機が、家の屋根の上に設置されている場合、家の外壁に設置されている場合、ベランダの天井に吊り下げられている場合、室外機が一階で室内機が上層階に設置されている場合などがあり、これに該当する場合は間違いなく追加料金がかかります。 追加費用は8000円から10000円程度となっていますので、追加料金がかかる場合のエアコンの取り外しは高額になってしまうでしょう。 高所に設置されており、自分での作業ができない場合は業者に依頼をするしかないでしょう。

通常の設置方法である場合も追加料金がかかることがあります。 一番多いのが、エアコンが故障して冷房運転ができない場合です。 エアコンを取り外す際、後述しますがポンプダウンという冷媒ガスを閉じ込める作業が必要となるのですが、これには冷房運転をする必要があるのです。 冷房運転ができないと、特殊な作業が必要となるため追加料金が発生します。 このように様々な状況が考えられますのでまずはご自身がどういう状況であるかをしっかり確認しましょう。

エアコンを取り外す際に必要な道具

エアコンの取り外しがいかに簡単だからといってさすがに素手で行えるわけではありません。
何種類かの工具や材料が必要になりますので、事前に準備しましょう。 まず、部品の取り外しなど使用する工具類ですが、最低でもモンキーレンチ、ニッパー、プラスドライバー、マイナスドライバー、六角棒レンチ、カッターは用意しておきましょう。 100円均一でも売っていますので一から購入してもそれほど高くありません。 ペンチもあれば非常に便利です。 これだけあればエアコンの取り外しは可能ですが、後始末のためにいくつかの材料が必要になります。まず、ビニールテープ。配管やコードなどをまとめる時に便利です。 次にパテ。エアコンの設置は壁に穴をあけて行うため、この穴をパテで塞ぐ必要があります。
後は、いろいろゴミがでますのでゴミ袋を用意しておくといいでしょう。 大きめのゴミ袋であればひとまずエアコンを入れておくが可能です。 上記のものさえ揃えれば、エアコンの取り外しができますので事前に用意しておきましょう。

そもそものエアコンの構造を理解します

取り外しの前にエアコンの構造を大まかに把握しておきましょう。 エアコンは室内機と室外機にわかれており、室内機と室外機は2本の銅管でつながっています。 この銅管がガスの通り道となっているのです。
銅管を通すために、通常家の壁に穴をあけて外に通してありますので銅管も回収した上で壁の穴を塞がなくてはなりません。 また、室外機につながってはおりませんが、室内機から外に排水ドレーンを通しています。 大まかな構造は以上です。 状況によっては、設置方法が変わりますが、壁掛け型の家庭用エアコンであればほぼ同様の構造となっています。

1. 室外機のカバーを外してバルブキャップを外す

道具が揃ったらいよいよエアコンの取り外しです。
エアコンを取り外す前に、エアコン内に充満しているガスを抜かなければなりません。最初に室外機の側面にあるカバーを外します。 側面にあるカバーはプラスドライバーで外すことが可能です。 カバーを割らないように気をつけることと、外したネジは後で必要になりますのでの無くさないようにしましょう。
側面にあるカバーを外すと室内機とつながっている銅管が見えます。 その銅管と室外機のつなぎ目にバルブキャップがありますのでこれをモンキーレンチなどではずしましょう。

あくまでバルブキャップですので、室外機と銅管をつなぐナットまで外さないようにしてください。 バルブキャップは行きと戻りの銅管についておりますので2つ外すことになります。 バルブキャップも後で使いますので無くさないように気をつけてください。

2. バルブキャップを外したらポンプダウン作業

バルブキャップをとったらポンプダウンという、エア コン内のガスを室外機と室内機に閉じ込める作業を 行うことになります。 まずは、強制冷房運転をします。通常の冷房運転でも 問題はありませんが、その場合は温度を最低温度に して運転することになります。 室温が高ければそれで問題はありませんが、冬で室 温が低い場合は上手くポンプダウンができませんので必ず強制冷房運転で行うようにしましょう。
強制冷房運転は、基本的に室内機にスイッチがつい ていることが多く、スイッチを長押しすることで強制冷房運転となることが多いですが、メーカーや機種 によって様々ですので説明書で確認をするかインター ネットで検索してみましょう。
先ほども記述しましたが、エアコンが壊れている場合 はこの作業ができませんので注意してください。

強制冷房運転をしたら、室外機に戻ります。 室外機が回っていることをしっかり確認した上で、 先ほど外したキャップを外したバルブを見てくださ い。 銅管には細い方と太い方があります。
細い方が送り 側、太い方が戻り側となります。
ポンプダウンは、室外機にガスを閉じ込める作業に なるので、まずは送り側である細い方のバルブを六 角レンチで締めてください。 そうすると、戻り側からどんどんガスが来ますが、送り側はしまっていますのでどんどん室外機にガス がたまることになります。
右に回すと締まるのですが、これが緩いとガス漏れの原因となってしまいますのでしっかりと締める ようにしましょう。
この状態で2分から3分ほど強制冷房運転を行います。

2分から3分ほど待ったらガスが室外機にたまりますので、次は戻り側である太い銅管のバルブを六角レンチで締めてください。
これも同様に緩いとガス漏れの原因となりますので、しっかりしめるようにしましょう。 戻り側のバルブをしっかり締めたらポンプダウン完了です。 強制冷房運転をリモコンで停止をしましょう。
ここまでの作業が終われば、もう運転することはありませんのでコンセントを抜いてしまって大丈夫です。
その後再度室外機に戻り、バルブキャップを締めてください。
ここでも、バルブキャップが緩いとガス漏れの原因になりますのでしっかりと締めてください。

3. 銅管、配線を外す

ポンプダウンが終わったら室外機の配管や配線を外していくことになります。
まずは、室外機と銅管のつなぎ目にあるナットを外しましょう。
何かで片方を抑えながらモンキーレンチで緩めていくと簡単に外すことができます。 すでにポンプダウンも終わっていて、エアコンの電源も落ちているかと思いますので、2本ある銅管を両方外してください。どちらから外しても問題はありません。 室外機とのつなぎ目だけではなく、室内機側にも銅管のつなぎ目があります。
こちらは外さなくても取り外しのは可能ではありますが、配管が長いと取り外した後の移動の時に不便になりますのでできれば外すようにしたほうが良いです。
つなぎ目はナットでつながってますので、モンキーレンチを使ってはずしてください。テープで巻かれている場合が多いのでその場合はカッターなどで切ってから外しましょう。

銅管を外したら次は配線です。側面のカバーを外したところに配線のカバーもついています。こちらもプラスドライバーで外すことができます。カバーを外すと配線が3本出て来ます。
白い出っ張りがありますので、そこを押せば簡単に外すことができます。処分予定の場合は切っても問題はありませんが、簡単に外す事ができますので、できればキレイに外しましょう。。室内機側のコンセントをつけたまま作業をしてしまうと、感電や漏電してしまいますので必ずコンセントを抜いた状態で行うようにしてください。 全て外したらカバーを元に戻しておきましょう。

4. 室外機を取り外す

いよいよ室外機の取り外しです。室外機は基本的に台座に取り付けてあります。台座と室外機はボルト、ビス、ナット等で取り付けられてますのでスパナやドライバーを使って取り外しま しょう。
基本的に4箇所を外せは撤去可能なはずです。
これで室外機を撤去することが可能となります。 余談となりますが、外した室外機はすぐに保管もしくは移動したほうがよいです。 近年エアコンの室外機の盗難が相次いでおり、被害が拡大しています。
室外機に使われている金属が目当てのようで、人目に付きにくい野外に設置されていることが多い ために狙われるとのことです。 処分予定のものであれば良いかもしれませんが、移設する予定の場合は盗まれないようにしっかり と保管をするようにしましょう。撤去または移動の場合、室外機は非常に重たいためできるだけ2人以上で移動するようにしたほうが無難でしょう。

5. 室内機の取り外し

いよいよ室内機の取り外しです。 高い場所についていると思いますので脚立などの安定した台を用意してや るようにしましょう。
室内機は室外機と同様に重量があります。 高いところについているので落とすと大変危険ですので注意して行ってく ださい。
エアコンは熱交換をしますので内部に結露ができます。
室内機を取り外す時にこの結露が溢れてしまうことがあります。 また、埃が多くあると思いますので、できれば床や家具を養生したほうがよいでしょう。 養生はホームセンターなどで、ビニールとテープが一体化している養生テー プが売っていますのでそれがあると簡単に養生できます。 結露と聞くと少しの水量に聞こえますが、室内機の傾き加減によってはかなりの水が出る場合がありますので、注意しましょう。 室内機の取り外しはネジやボルトなどを外す必要はありませんが、少しコツが必要です。

室内機は、壁につけてある金属の板の爪に引っかかっている状態です。 メーカーや型番によって多少取り付け方が違う場合がありますが、基本的に下 にある爪を外して少し手前にズラしてから上に持ち上げるように取り外すこと になります。
下の爪を外す前にまず外につながっている銅管、配線、排水ドレーンがどうなっているか確認しましょう。 自宅の状況によって変わってきますが、銅管や配線にはカバーがついているこ とが多いです。 壁にビスなどでついているのでまずはそのカバーをドライバーで外してくださ い。
銅管、配線、排水ドレーンは壁の穴につながっているかとおもいますが、隙間を埋めるためにパテがついていることもあります。
その場合は、パテは柔らかく簡単に取ることが可能です。

カバーやパテを外したら銅管、配線、排水ドレーンを抜きましょう。 後述しますが、排水ドレーンは外ではなく家の下水や違うところにつながって いる可能性がありますので注意してください。
一見室外機から銅管などが出ていないように見える場合は、室内機の裏の壁 にそのまま穴をあけて銅管と配線を通しています。
その場合、室内機の下の爪を外して少し前にずらします。
そのすき間に何か挟めてから、銅管と配線を引き抜くようにすれば作業しや すくなります。 銅管と配線を引き抜いたら、室内機の上に持ち上げるように外しましょう。

この際、室内機を落とさないように気をつけてください。 後ろにどのように引っかかっているかは見えませんが、イメージとしては上向 きの金属の爪に室内機が引っかかっているという感じです。
そのため、少し上に持ち上げて手前に引くと取り外すことができます。 室内機を取り外すと、壁に金属の板がついているのがわかります。 ビスで止まっていますのでドライバーで外しましょう。
これで全て外すことができました。 外したら室内機はビニールテープなどで銅管と配線をまとめておくと移動が便利です。
取り外しが終わったら最後に壁の穴をパテで埋めれば完了です。

特殊な設置方法

上記が通常の設置方法場合の取り外し方になります。 冒頭で少し触れましたが、エアコンは特殊な設置方法が様々あります。 まずは、冒頭で記載した室外機の設置方法。 これは、作業ができるような場所であれば同様に取り外すことができますが、高所の作業になる場合が ありますので、その場合は梯子が必要になるでしょう。 ただし、梯子で作業ができたとしても重たい室外機を下に下ろすのはなかなか難しいです。
室外機はそれなりの重量がありますので、それを考えて作業がしなければ事故につながりかねませんので無理をしないようにしましょう。 屋根やベランダに設置されている場合は、自身の転落や室外機の落下に十分に注意して作業するようにしましょう。

もう一つは排水ドレーンです。 通常排水ドレーンは銅管や配線と一緒に外に出ていることが多いですが、一般宅ではなくビルやオフィスでは室内の洗面所などにつながっている場合があります。
その場合は恐らく壁か天井を伝っているかと思いますので確認してみましょう。 壁の内部を伝っている場合もあるのですが、その場合内部で固定していることがあります。 そうなってしまうと自身で外すことは難しくなりますので、業者、施工会社、管理会社に連絡するようにしましょう。
同様に、下水に直接つながっている場合もあります。 これも無理に引き抜くのは難しいので施工会社や管理 会社に相談しましょう。

家の構造に直接関わる設置をしていしている場合は、家 や建物を建てた時に設置されていることが多いです。 そういった場合、他の部分にも影響が出てしまいますの で自身で行わない方が賢明です。

エアコンの取り外しの注意点

もう一つは排水ドレーンです。 通常排水ドレーンは銅管や配線と一緒に外に出ている ことが多いですが、一般宅ではなくビルやオフィスで は室内の洗面所などにつながっている場合があります。
その場合は恐らく壁か天井を伝っているかと思います ので確認してみましょう。 壁の内部を伝っている場合もあるのですが、その場合 内部で固定していることがあります。 そうなってしまうと自身で外すことは難しくなります ので、業者、施工会社、管理会社に連絡するようにし ましょう。
同様に、下水に直接つながっている場合もあります。 これも無理に引き抜くのは難しいので施工会社や管理 会社に相談しましょう。

取り外したエアコンの取り扱い

他の場所で再度設置する場合は問題はありませんが、そうではなく処分予 定の場合、エアコン家電リサイクルの対象となりますので他の家電と比べ て少し特殊です。 同じ場所に新しいエアコンを取り付ける場合は購入した店舗によっては古 いエアコンを無料で回収してくれます。 ですが、その場合はそもそも取り外しも行ってもらえる場合が多いです。 自分でエアコンの取り外した場合はやはり処分する場合が多いでしょう。 一番良い方法は買い取ってもらうということです。 比較的新しいエアコンであれば、リサイクルショップや専門の業者が買い 取ってくれます。 しかし、5年以上たっているものは買い取ってもらうのが難しくなります。
しかし買取王の場合は、10年経ったエアコンも買取が可能です。 エアコンが古く買い取りが難しい場合は破棄することになります。 エアコンの破棄はいくつかの方法があります。 一番簡単なのが、処分専門の業者に依頼することです。 家電リサイクルの料金、出張料、運搬費を含めれば大体5000〜8000円程度で処分可能です。

専門業者によっては、無料で引き取ってくれるところもありますが、 違法の不用品処分業者も多く、無料とうたいながらも実際引き取り に来ると難癖をつけられて結局料金を取られてしまうこともありますので、業者はしっかりと選別したほうがいいです。
もちろん、専門業者に直接持ち込んでの廃棄も可能です。 買い取り不可ということであれば次に専門業者への持ち込みを考え てみましょう。 専門業者への持ち込みが難しい場合は、家電量販店へも持ち込みで廃棄することも可能です。 大型の家電量販店は、家電リサイクル協力店であることが多いので、 事前に電話で確認をして持ち込むようにしましょう。 その場合のリサイクル費用は持ち込みの場合は2000円程度、引き取りに来 てもらった場合は5000円程度であることが多いのです。 家電量販店によって料金が異なりますので確認の上依頼するようにすれば安心です。

まとめです!!

エアコンの取り外しから取り外した後の対応までを解説しました。 エアコンは状況によって設置がかなり変わって来ますので、作業に入る前にしっかり と状況を確認するようにしましょう。 多くの場合は通常の設置方法となりますので、それほど難しい作業にはならないかと 思います。できることは自分自身で行うようにしてできるだけ費用を少なくしましょう。

エアコン買取王の選べる宅配買取サービス 10年前のエアコンもすべて買い取り致します!

宅配キットをお送りして、詰めて送るだけ!査定料・送料・キャンセル料一切掛かりませんのでこの機会に是非お試し下さい。また宅配買取お申込みのお客様には宅配買取特別な金額で査定させて頂きます。

">