家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

他社でエアコン処分・回収するならエアコン買取王へ
2016/12/06 更新 エアコン豆知識

雨の日の室内干し、除湿機 VS エアコン、どちらがオススメ?!

室内干し じとじととした雨が続く季節になると、洗濯物の室内干しの日も増えがちですよね。 そうした日に合わせて室内でも快適に洗濯物が干せる環境を整えておきたいものです。 室内干しのサポートに使えるといえば、除湿器やエアコンがあげられますが、それぞれどのような特徴や違いがあるのでしょうか?

雨の日は洗濯物が乾きにくい。

雨の日は外に洗濯物が干せず、室内干しをされる方がほとんどかと思います。 しかし、なかなかスムーズに乾かず、イライラしてしまうといった方も少なくないのではないでしょうか? 洗濯物が乾きにくいというだけではなく、場合によっては嫌なにおいがしてしまうこともあり、室内干しはできれば避けたいと考えている方も多いでしょう。 室内干し 洗濯物が乾く条件としては、空気の流れがあることや湿度が低いことなどがあげられます。 しかし、雨の日の室内では、窓が閉め切られてた状態となっているため、空気の流れはほとんどありません。 さらに、外では雨が降っている状態のため、室内の湿度も高くじめっとした状態です。 ようするに、雨の日の室内は、洗濯物が乾きにくくなる条件がそろっている状況にあるのです。 こうした環境で活躍するのが、除湿器やエアコンです。 除湿器は、空気中の湿気を取り除いてくれるため、洗濯ものに含まれる水分が蒸発するのを助けてくれます。 また、エアコンなどは、洗濯物の周りの空気を動かしてくれるほか、除湿機能を備えているものもありますので、こちらも便利です。 どちらも上手に利用することによって、より早く洗濯物を乾かすことができるのです。

除湿機 VS エアコン、結局どちらがオススメ?!

もしも、雨の日の洗濯物のことを考えてどちらかを購入、または利用する場合、除湿器とエアコンではどちらがおすすめだといえるのでしょうか? 疑問 単純に、電気代のことだけを考えるのであれば、断然除湿器の方が安く済みます。 300Wほどの除湿器の場合ですと、1時間当たり6.5円から7.5円ほどとなっていますが、エアコンの場合はその倍以上の電気代がかかり、1時間当たり18円程度になるのです。 ただし、どちらも同じ時間で乾くのかというとそうではありません。 エアコンの場合は除湿機能と合わせて送風も行えるため、除湿器よりもずっと早く乾かすことができるのです。 その時の湿度や洗濯物の量など、条件は異なるかと思いますが、エアコンを使用したほうが除湿器よりも1.4倍近い速さで乾かすことができるといった調査結果も出ているのです。また、除湿器の場合ですとタイプによっては、洗濯物の乾きムラが出る場合もあり、なかなか思うように乾かないといった問題もあります。 こうして考えると、多少電気代はかかるにしても、エアコンを選んだ方が効率よく雨の日の洗濯物を乾かすことができるといえそうです。 すでにエアコンをお持ちの場合は、新たに除湿器を買わなくても良いということになりますね。

もっと早く乾かすには?!

では、より早く乾かして少しでもエアコンの電気代を抑えたいという場合には、どのようにすればよいのでしょうか? エアコン干し まずは、雨の日でもできるだけ日当たりがよさそうな場所を選んで干すということです。雨の日であっても、普段から日の当たる窓際などに干しておけば、雨上がりのひと時などに太陽の日を浴びることもできるでしょう。ちょっとでも日が差せば、少しは早く乾くはずです。 また、洗濯物は空気の流れがあるほどよく乾きますので、選択者同士はできるだけ離して干すのも効果的です。できれば5cm以上、可能なら10cm程開けて干すとベストです。生地が重なり合っているような箇所は、なかなか乾きにくいものですので、パーカーのフード部分のような箇所はピンチで浮かせるようにして干したりするのも良いでしょう。また、少しでも洗濯ものの湿気を取り除くために、洗濯物の下に新聞紙など、湿気を吸い込むものを引いておくのも効果的です。 より湿気を取り除き、空気に触れやすいような状態で洗濯ものを干しておくことで、より早く乾かすことができるでしょう。こうすることによって、結果エアコンや除湿器などを稼働させておく時間を抑え、電気代も安く済ませることにもつながります。ぜひ、雨の日のお洗濯の際はお試しください。