家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

他社でエアコン処分・回収するならエアコン買取王へ
2016/08/01 更新 エアコン豆知識

エアコンのリサイクルでも料金掛かるの?相場はいくら?

エアコンのリサイクルでも料金掛かるの?相場はいくら?

壊れてしまったり、型が古くなってしまうなどの理由で手放すことになったエアコン。実は、このエアコンを処分する際は、家電リサイクル法に基づいて、適切に処分をする必要があるのです。
家電リサイクル法では、決められた生活家電などは、一定の料金を支払った上で処分をする決まりとなっているのです。一体、この家電リサイクル法とはどのようなものなのでしょうか?

リサイクルにお金が掛かる、家電リサイクル法とは?

リサイクルにお金が掛かる、家電リサイクル法とは?

一般家庭などから出るごみのうち、家電リサイクル法で定められた家電製品などには、本体が壊れて使えなくなったとしても、まだまだ部品や材料として活用可能な資源が多く含まれています。そのため、安易に大型ごみや粗大ごみとして廃棄できない決まりになっているのです。
このような家電製品は、適切な業者や機関へ製品を引き渡し、部品などをリサイクルに回してもらう仕組みになっています。
引き渡し先や方法はさまざまですが、どのような方法や引き渡し先を選んでも、処分をするためには必ず料金が掛かることになっています。
料金が掛かると聞くと、気になるのがその料金の相場ではないでしょうか?エアコンの場合ですと、リサイクル料金は900円ほどが標準的な料金となっています。エアコンのメーカーや引き取り業者によって変わる場合もありますが、おおよそこれくらいが相場になっています。ただし、これにプラス業者に収集に来てもらうための料金や運搬料などが上乗せとなるため、注意が必要です。
集荷に掛かる料金は、各小売業者がそれぞれで設定していますが、こちらは大体税抜き1,500円~2,000円程度が相場となっているようです。

どこに処分すればいいの?

どこに処分すればいいの?

不法投棄や不正な処理を防ぐ意味も含めて、処分先や回収業者はあらかじめ決められた所へ依頼するのが一般的です。処分を依頼する先には、いくつか選択肢があります。
エアコンを処分する場合は、まず購入した家電店が候補にあげられるでしょう。
買い替えなどの場合は、新しいエアコンを購入した家電店などでも対応してくれる場合が多いです。
他には、エアコンの工事やメンテナンスを行っている業者をはじめとする家電回収協力店、廃品回収業者などが回収を行ってくれます。
お住まいの自治体や地域などにある、家電リサイクル受付センターやクリーンセンターへ直接持ち込みを行うという方法もあります。
このような受付場所や指定引き取り場所は、各自治体によって異なりますので、お住まいの市区町村のホームページなどをチェックするとよいでしょう。

エアコン処分の流れ

エアコン処分の流れ

では、具体的にどのような流れでエアコンを処分すればよいのか確認していきましょう。
エアコンの処分の流れは、処分の方法によって多少異なります。業者に引き取ってもらう場合、指定引き取り場所へ持ち込む場合とで分けて簡単に説明いたしましょう。

  • 業者に引き取ってもらう場合
  • 各処分業者に引き取ってもらう場合は、事前に引き取り可能か確認したうえで、引き取り日を決めます。
    どのような処分業者に依頼するかによって、取り外し作業も込みの場合もあれば、自分で取り外さなくてはならない場合とで分かれるため、こちらもあらかじめ確認しておきましょう。
    引き取り日にエアコンを業者へ引き渡します。回収時には、「家電リサイクル券」に必要事項などを記入する必要があります。
    (場合によっては、依頼時店頭で記入するケースもあります)リサイクル料は、回収時などに業者へ直接支払います。

  • 指定引き取り場所へ自分で持ち込む場合
  • 直接持ち込みをする場合には、あらかじめ郵便局で「家電リサイクル券 払込票」をもらいます。
    この「家電リサイクル券」に必要事項を記入し、リサイクル料(税込み金額)+手数料を郵便局で支払います。
    エアコンはご自身で取り外して、直接指定引き取り場所へと持ち込みます。持ち込みの際には、家電リサイクル券が必要になりますので、忘れずに一緒に持っていきましょう。
    正しい回収先であれば、どちらの方法でも問題はありません。状況に合わせて、処分先を決めて引き渡すようにしましょう。

リサイクルするなら、買取ってもらいましょう!

リサイクルするなら、買取ってもらいましょう!

今回ご紹介したように、エアコンを処分するにはそれなりの手間とリサイクル料などの費用が掛かってしまいます。
もしも、購入から5年以内のまだまだ使えるような状態のエアコンであれば、廃棄処分をするのではなく、買取ってもらうのもおすすめです。
もちろん、買取の場合はリサイクル料を支払う必要はありません。むしろ、買取代金を受け取ることができてお得です。
エアコンの買取り業者であれば、取り外し作業なども行ってくれるケースが多いです。
余計な作業やお金をかけずに処分をするなら、買取ってもらうのがおすすめですね。