家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

買取実績業界No.1
  • 出張買取
  • 店頭買取
お気軽にどうぞ 0120-310-444 受付時間:9:00〜18:00
エアコン30秒査定はこちら
9:00〜18:00 タップで今すぐ電話
公開日:2019/12/19 
最終更新日:2019/12/24

引越しするときのエアコンの取り扱いはどうする?最もオトクな方法が知りたい!

家庭用エアコン取付歴20年 業務用エアコン取付歴17年の実績があります。

地域家電店から、大手家電量販店や引越しの工事請負も経験していますので、国内全メーカー、上位モデルから普及モデルまで様々な種類のエアコンを取り扱ってきました。

エアコンに関しての知識・情報量でお客様に役立ち記事を作成しております。

記事の筆跡
佐藤

引越しをするときに、困るのが自分で購入したエアコンの取り扱いです。
退去時に取り外しを求められるケースがほとんどですが、自分で外すのは技術がいりますし、かといって放置しておくわけにはいきません。
転居先でもエアコンを使いたいと考えている人がいる一方で、引越しを機に古いエアコンを処分したいと考えている人も少なくないでしょう。
そこで今回は引越しするときのエアコンの取り扱いについて紹介します。
これから引越しをする予定がある人はぜひ参考にしてください。

引越しの際にエアコン移設はどうするべきか?

賃貸マンションやアパートには、一戸につき最低1台エアコンがついている物件が目立ちます。
これは大都市の賃貸物件に多い傾向で、地方都市ではまだ1台もエアコンがついていない物件も少なくありません。

しかし、地球温暖化が進む今の時代に、エアコンなしで夏を乗り切るのはかなり難しいことであり、多くの人がエアコンを購入して賃貸住宅に取り付けます。
賃貸住宅から引っ越す際、取り外し費用の発生を考慮して、エアコンをそのまま残しておきたいと考える人がいます
が、管理会社側は次に借りる人のことを考えて、引っ越し前の状態に戻すよう求めてくるケースがほとんどです。
特に大手の管理会社ほど、回復を求める傾向にあります。

もちろん、転居先にエアコンを移設し、使いたいと考える人もいます。
この場合、気になってくるのがエアコンの移設費用ですが、この点については次の章で紹介していきます。

エアコン移設を業者に依頼するときに費用とは

引っ越しをするときにかかるエアコンの移設費用の内訳は主に
①エアコンの取り外し費用
②エアコンや室外機の運搬費用
③エアコンの取り付け費用
です。

取り外しだけではあれば、5,000~7,000円程度ですが、標準工事に15,000~20,000円程度かかることを考慮すると最終的には2~3万円程度が相場といえるでしょう。
エアコン移設の依頼先としては引っ越し業者が一般的ですが、購入した家電量販店で依頼できることもあります。

エアコンを移設するときに、何より注意したいのが業者選定です。
良心的な業者であれば、適正価格で施工にあたってくれますが、悪質な業者に当たると「ガスが抜けている」または「既存の配管が合わないので変える必要がある」などと言って、追加料金を請求してくる可能性があります。
業者の言いがかりを真に受けて、最終的に6~7万円も払ってしまったという人もいるほどです。
特に「取り外し費用5,000円!」などと言って、安い値段を誘い水にしてくる業者には注意をしましょう。

エアコンを自分で取り外して持っていく事は可能?

エアコンの取り外し工事は資格がなくてもできるため、DIYや機械いじりが得意な人であれば決して自力でできないことはありません。
エアコン買取王のホームページでも、正しいエアコンの取り外し方を紹介しているので、自分でできるという方はぜひ参考にしてください。

エアコン取り外し方のページはこちら>>

しかし、エアコンの取り外し方を誤ってしまうと、事故が発生する恐れもあります。実際に、外の空気が入ってしまったためにエアコンが爆発し、死亡事故に至ってしまったケースもあるので、取り外す際には正しい知識を身につけたうえで行うようにしましょう。

死亡事故までにはならなくても、誤った取り外し方でエアコンの機能が低下してしまい、効きが悪くなることもあります。
この原因となるのは、エアコン内のガスの未回収です。
通常、エアコンを使用しているときにすべてのガスは室外機回収されていますが、取り外しの際にはきちんとポンプダウンをして、ガスを回収しなければなりません。
配管内のガスを放出してしまうのは、法律違反にも当たります。
これらの点を踏まえて、慎重にエアコンの取り外しをするようにしてください。

④業者に依頼か自分で取り外し一番オトクな方法は?

引っ越しの際にエアコンを取り外すベストな方法は、外したエアコンの使い道によって変わってきます。

もしも、引越し先で使用するのであれば、引っ越し業者に頼んで移設してもらうのがベストです。
ただし、前章で紹介した通り、移設にかかる金額をしっかり確認し、ぼったくり業者につかまってしまわないように注意しましょう。

移設を行わず、処分したり、友人・知人にあげたりするのであれば、引っ越し業者に断られる可能性があります。
その場合は自分で取り外すのがベストですが、できない場合は取り外しをしてくれる業者を探さなければなりません。
しかし、エアコンの設置工事は取り外しと取り付けをセットで行ってようやく利益になるため、取り外しのみを行っている業者はかなり限られてくるのです。

では、そのようなエアコンにはどう対応したらいいのでしょうか。

引越しで不要になったエアコンは買取ってもらうのが一番

引っ越しで不要になったエアコンは、買取り専門業者に引き取ってもらうのがベストです。
ここでも重要になってくるのが、業者の選び方。
不用品の引き取りというと、リサイクルショップを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、すでに取り外してしまったエアコンや購入後5年以上が経過したエアコンの処分は引き取りを断られることも。

取り外してしまったエアコンは、もう一度取り付けなければ起動確認ができず、取り付け技術を持っていないリサイクルショップはお断りしていることが多いのです。

引き取り手が見つからずにお困りの方や、逆にまだ立派に動くエアコンを処分したいという方は、ぜひ一度「エアコン買取王」にご相談ください。

エアコン買取王では、最長13年(業務用エアコンの場合は5年)経過したエアコンの買取りや、取り外してしまったエアコンの買取りも行っているので、リサイクルショップで断られたエアコンもお引き取りできる可能性が十分にあります。

ダイキンやパナソニックのエアコンは特に高価買取りを行っていますし、それ以外にも三菱や日立、東芝など、各種メーカーのOKです。
マイナーブランドのエアコンもぜひご相談ください。

エアコンの査定額はメーカーや年式、大きさによって決まります。
お客様のご家庭で稼働状況を確認した後、取り外し工事を行い、査定額から施工費を引いた金額をお渡ししています。
施工費はエアコンの設置場所によっても異なりますが、エアコンのプロであるスタッフがきちんと確認したうえで適正額をご提示していますので、ご安心ください。

ただし、一部買取りできないエアコンもございます。
まず窓用のエアコンは買取りをお断りさせていただいております。
また、エアコンパネルが割れていたり、飲食店などで使用して油まみれになっていたりするエアコンは買取り対象外です。
他にもリモコンやフィルターなど、購入当初についていた付属品が欠けている場合は、お断りすることもあります。

複数のエアコンの買取りもおこなっており、台数が多いほど査定額もアップさせていただきます。
出張買取りだけではなく、名古屋・埼玉の店頭で買取りやLINE買取りも行っていますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。査定は無料です。

24時間受付中 簡単30秒査定

お名前(「ひらがな」もしくは「カタカナ」でご入力下さい。必須

電話番号(ハイフンなし)必須

メールアドレス必須

郵便番号(ハイフンなし)必須

台目

削除

メーカー必須

年式必須

室内機 型式必須室内機の型式を調べる

買取時の取外し工事必須

種別必須

エアコンを追加

エアコン買取王
簡単30秒査定(メール)
出張買取(要取外工事)出張買取(取外済)
買取