家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

他社でエアコン処分・回収するならエアコン買取王へ
2018/11/07 更新 エアコン豆知識

エアコン買い替えには本体以外の費用も必要!費用でショックを受けないための解説!

目次

取り外し費用や処分費用・・・いろいろかかるエアコン買い替え

毎年、新製品が誕生するエアコン。
CMで「電気代がお安く」「空気をキレイに」「その人に合った温度設定を自動で」など、魅力的な機能が追加されますね。
つい我が家の古いエアコンもそろそろ買い替えの時期かしら?と思ってしまいます。

ただ、エアコンは例えば電気スタンドを買い替えるように、簡単にはいきません。
処分するにも、きちんと手続きを踏まないとダメなのです。
ここでは、エアコンの処分に伴う費用について説明します。

まず、エアコンは大型電化製品として、家電リサイクル法にのっとり、リサイクル料を負担する必要があります。
家電4品目といって、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は粗大ごみとして捨てることができないのです。

リサイクル料はエアコン1台で税込み972円(メーカーや大きさによって違うものもあります)です。
リサイクル料は購入した家電量販店が引き取る際に、店に直接支払う場合と、郵便振替でリサイクル券を購入する場合があります。

また、エアコンを取り外して処分場に運搬する費用もかかります。
取り外し料はエアコンや室外機の設置場所により変わりますが、大体4,5千円程度です。

運搬料はもちろん処分場までの距離や大きさ、台数などでも変わりますので、事前に依頼業者に問い合わせてみるといいでしょう。

処分費用=リサイクル料(972円)+エアコン取り外し料(4,5千円)+運搬料

エアコン1台処分するのに、これだけの費用がかかるのです。

設置場所によっても追加費用が!移設時にも注意。

また、買い替えたエアコンを設置する場所によっても、予想外の費用がかかる場合があります。

通常新しいエアコンを購入すると、設置工事は無料でついてきます。
この設置工事ですが、たいていは標準設置の場合のみ無料であって、標準の条件に合わない場所に設置するとなると、追加料金を取られてしまいます。

追加料金が発生するパターンとしてはこんなものがあります。

  • ・エアコンから室外機までの距離が長い(配管パイプが標準の長さ以上)。
  • ・エアコン専用回路がない(エアコンの電源は専用のソケットが入るコンセントが必要)。
  • ・電圧を変える必要がある。
  • ・エアコンの配管を通す穴がない(配管を通す穴を壁に開ける)。
  • ・室外機の置き場所がベランダや庭など、標準的な場所以外(2階のエアコンの室外機を1階に置く、屋根に置く、2台の室外機を縦に重ねて置くなど)。

それぞれの費用は、設置場所の状況により変わりますが、例えばエアコンから室外機までの距離が長い場合は、+1mあたり3,4千円の追加料金がかかり、2階のエアコンに1階の室外機の場合は約1.5万円もの追加料金がかかります。

エアコンの設置場所、室外機の置き場所は、場所を選べないなら仕方ありませんが、もし選べるなら、できるだけ標準工事で収まる範囲で選んだ方が費用を安く抑えられるということがわかりますね。

処分費用もかからず、買い替えの資金に。エアコンを買取に出しましょう。

3、処分費用もかからず、買い替えの資金に。エアコンを買取に出しましょう。

エアコンを買い替えると一口に言っても、必要な費用は新しいエアコン代だけではないことがお判りいただけたでしょうか。

でも余計な費用は出来れば抑えたいですよね。
ここで、いくつかの処分方法とそれにかかる費用を比べてみたいと思います。

1. 新品を購入する際に、店に処分を依頼する。

処分費用=リサイクル料+取り外し料+運搬料(ただし、新しいエアコンの値段によっては、取り外し+運搬料は割引してもらえる可能性あり)

2.市町村の引き取り所に持ち込む。

処分費用=リサイクル料+郵便振り込み手数料(80円から130円)
取り外し、運搬料はかからないが、手続きや運搬を全て自分でする必要がある。

3.廃棄物処理業者に依頼する。

処分費用=リサイクル料+郵便振り込み手数料+取り外し料+運搬料(取り外し料、運搬料は業者によって違う)

4.中古品として売る

処分費用=取り外し料+運搬料(ただし無料になる可能性あり)

ここで気づいた方もいらっしゃると思います。4.を選ぶとリサイクル料がないことに。
何故かというと、リサイクル料はあくまで廃棄するための費用であり、中古品として売るつもりなら、リサイクル料を払う必要がないからです。

中古のエアコンなんて売れるの?そう思う方がいるかも知れませんね。
しかし、エアコンは中古であっても十分需要があり、10年前の古いエアコンでも売れることがあるのです。

そしてもし買い取ってもらえるなら、取り外し費用、運搬料が買取金で相殺されて無料になるばかりか、手元にお金が残る場合もあるのです。

とってもお得なエアコンの買取。興味のある方はぜひ一度ネットで検索してみて下さい。