家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

他社でエアコン処分・回収するならエアコン買取王へ
2018/10/03 更新 エアコン買取する前に

エアコン賢く処分しよう。正しい処分方法とは?

自治体ごとに異なるエアコン処分

「エアコンが要らなくなった・・・処分はどうしたらいい?」

「エアコンを買い替えたいけど、処分費用を安く・ちゃんと済ませるにはどうしたらいい?」

というように、家電リサイクル法で処分方法が決められているエアコンの処分は困りますよね?

いろいろと手続きもしなければいけなさそうだし、かと言って処分の方法を怠ったら法律で厳しく罰せられそうだし・・・と不安なことはたくさんあります。

今回はその不安を解消するためにエアコンの正しい処分方法をまとめました。

自治体ごとに異なるエアコン処分

エアコンの処分方法は自治体によって異なります。

詳しくはお住まいの自治体のHPで確認できます。

「エアコン 処分 (お住まいの自治体名)」と検索すれば、だいたいヒットするので、そちらのHPで確認してください。

しかし、だいたいの地域では次のような方法の中から選んで処分することができます。

基本的にはエアコンは市では回収をしていません。

  1. 1.家電小売店に引き取りを依頼する
  2. 2.許可業者に指定集積場所への収集・運搬を依頼する
  3. 3.自分で指定集積場所へ持ち込む

もっとも一般的なのが家電小売店へ引き取りを依頼する方法です。

買い替えをする場合でなくても、家電小売店は依頼を受けた場合は引き取りの義務があるので安心して依頼してください。

その場合は運搬料とリサイクル料がかかります。

大手の家電量販店は運搬料とリサイクル料を合わせて2000円前後が相場となっています。

2と3の方法の場合は許可業者や指定集積場所が自治体によって変わるので、市の担当部署に必ず確認してください。

リサイクル料金は支払う必要あるの?

リサイクル料金は支払う必要あるの?

エアコンの処分方法は家電リサイクル法という法律で決められています。

消費者の私たちは、エアコンを買って利用したらリサイクル料を支払う義務が発生します。

エアコンを処分する場合は必ずリサイクル料金は払ってください。

リサイクル料金には次の2つがあります。

・リサイクル料

・収集運搬料

リサイクル料はメーカーや処分業者さんが、古いエアコンをリサイクルするために必要となる料金です。

通常エアコンを買い替える時は、このリサイクル料金も払って買いかえます。

家電量販店でエアコンを買う時にリサイクル料金の説明を受けますよね?

あの料金です。

リサイクル料はメーカーや自治体によって異なりますが、だいたい1000円前後です。

収集運搬料は、処分するエアコンを自宅などから指定の集積場所まで運ぶ料金です。

運搬業者さんや集配するエリアによって異なりますが、だいたい数千円かかります。

ただ、この運搬料は、自分で指定の集積場所に持ち込むことによって節約できます。

この場合は、あらかじめ郵便局で家電リサイクル券を入手しておく必要があります。

家電リサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金(1000円程度)を郵便局にて振込みます。

わからない場合は郵便局員の方に聞けばいいので、何も心配することはありません。

処分なんてもったいない!?エアコンは買い取ってもらう時代

処分なんてもったいない!?エアコンは買い取ってもらう時代

さて、ここまでエアコンの処分方法をお話ししてきましたが、最もお得にエアコンを処分できる方法があります。

それが「エアコンの買取をしてもらう」という方法です。

処分という言葉を使いましたが、「処分」ではなく「買い取ってもらえば」処分費用もかからずに、逆にお金が入ってくるのです。

買取と聞くとすぐに思いつくのはリサイクルショップですが、今はエアコンを専門に買取しているお店があります。

しかも出張買取や宅配買取も行っていて、自分でわざわざ重いエアコンを運ばなくていいという便利さです。

買い取ってもらえるならば、もちろん処分よりも買い取りをして欲しいですよね?

今はエアコンは処分ではなく、買い取ってもらう時代です。

10年ほど前のエアコンも買い取ってもらえますので、是非一度エアコン買取専門店に相談してみてください。

エアコンが新たな場所で使われるというのは、地球に一番優しいリサイクルにもなります。

是非、「エアコンの買取」を検討してみてくださいね!