家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

他社でエアコン処分・回収するならエアコン買取王へ
2018/08/23 更新 エアコン豆知識 エアコン購入する前に

【2018年最新版】6畳用エアコン人気シリーズ

さまざまなメーカーから、いろいろな機能を持って毎年登場するエアコン。一家に一台以上エアコンがあるのがもはや当たり前の時代となってきていますが、家電は日々進化するもの。省エネ効果も年々上がっており、同じエアコンを10年以上使用していることで逆に電気代で損をしてしまっている場合があります。そこで、いざ買い替えるとなった場合、どのような機種が人気を集めているかあらかじめ知っておくことがとても重要になってきます。では、2018年現在、6畳用エアコンの中でどのような機種が人気となっているのでしょうか。ご紹介します。

6畳用エアコンが部屋を快適にしてくれる範囲

エアコンが快適な範囲

エアコンの選び方の基本として挙げられるのはサイズ。エアコンには畳数目安というものがあり、その数字が上がれば上がるほどエアコンのサイズも大きくなってきます。冷房の場合、一般的に6畳用のエアコンは、木造6畳、鉄筋9畳を適切に冷やしてくれると言われています。不適切なサイズのエアコンを選んでしまうと電気代が跳ね上がったり部屋をうまく冷やせなかったりするので、部屋にあったサイズのエアコンを選ぶようにしましょう。

部屋の用途で機能を選ぶ

6畳用のエアコンは基本的に寝室や客間、書斎や個室などに用いられています。寝室や個室など、よく使う部屋に設置するエアコンは、フィルターの自動掃除機能や空気洗浄機能など、衛生的な機能にも特化した機種がおすすめです。また、客間や書斎など、エアコンを入れておきたいけれど使う機会はあまり多くないといった部屋に設置する場合、値段を重視し、シンプルなエアコンを選ぶのがいいでしょう。長い間放置をしていたとしても、洗浄スプレーなどで簡単に掃除することができるので、安価な機種でも充分にエアコンの実力を発揮してくれます。

2018年 6畳用エアコン人気シリーズ

オススメエアコン

毎年さまざまな新しい機能を携え発表されているエアコンですが、実は各メーカーで製品シリーズが用意されており、毎年そのシリーズに沿った新しい機種が発表されているのです。では、6畳用エアコンは、2018年どのシリーズがおすすめなのでしょうか。機能を比較しつつ、ご紹介していきます。

1. 三菱電機 霧ヶ峰
霧ヶ峰の最新機種は「霧ヶ峰 MSZ-GE2218」です。価格は2018年6月現在で59,800円(Amazon)。この機種の優れているところは、床温度センサー「フロアアイ」が搭載されていることです。部屋の上部だけで温度を判断するのではなく、床の温度を検知してくれるので、体感温度に合った冷やし方を可能にし、冷やし過ぎを防いでくれます。また、自動で冷房と送風を切り替えてくれるので、エアコンの当たり過ぎによる身体の冷えも防いでくれます。

2. パナソニック エオリア
エオリアの最新機種は「エオリア CS-228CF」です。価格は2018年6月現在で44,460円(Amazon)。価格の安さに加え、おすすめしたいのがアプリによるインターネット操作。「パナソニックスマート」。
別売りのアダプターと親機を購入することで、屋内外からエアコンの操作をすることができ、外出先から部屋を冷やしておきたいときや、エアコンの切り忘れが心配になったとき、急に暑くなったため室内にいるペットのためにエアコンを操作したいときなどに便利な機能になっています。また、清潔感が重視されており、空気清浄機能も備えています。まさに寝室にぴったりの機種だといえるでしょう。

3. 富士通ゼネラル
nocriaの最新機種は「nocria AS-C22H」です。価格は2018年6月現在で58,000円(Amazon)。この機種は冷房目安6畳とうたっているものの、能力がかなり高く、例えば、基本は6畳の部屋に設置して使うが隣の部屋と繋がるドアを開けて一緒に使いたいといった場合でも、充分機能を発揮してくれます。また、この機種も別売りのアダプターを使用することで、外出先からエアコンを操作することが可能になります。

4. 日立 白くまくん
白くまくんの最新機種は「白くまくん RAS-AJ22H」です。価格は2018年6月現在で42,357円(Amazon)となっています。省エネ運転で低消費電力での運動が得意として知られているこの機種。もちろん最新型もコスパのいい運転をしてくれ、価格も安くなっています。インターネット操作は未対応ですが、あまり多くの機能を望まず、最低限の機能を備えたエアコンを欲しいという方におすすめしたい機種です。

5. ダイキン Eシリーズ
Eシリーズの最新機種は「Eシリーズ S22VTES」です。価格は2018年6月現在で52,910円(Amazon)。このシリーズの強みは基本性能が優れているところ。新型触媒が採用されており、外気温が極端に高い場合でも安定した運転ができることで知られており、これから底なしに上がっていく夏の気温に対応することができます。
温度も0.5度刻みに細かく設定でき、別売りアダプターで外出先からの操作も可能。これからの夏を乗り切るのにぴったりな機種であるといえます。


まとめ

2018年6畳エアコンの最新おすすめ機種をご紹介してきました。巷には多くのエアコンが販売されており、どの製品を買えばいいのか迷ってしまうところですが、部屋の広さ、その部屋の用途に合った機能、コストパフォーマンスの良さ、自分が用意できる予算などを考えれば、おのずと自分に必要な機種を絞り込むことができます。ぜひ最適な機種を購入し、暑い夏を乗り切ってください。