家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王

他社でエアコン処分・回収するならエアコン買取王へ
2018/07/24 更新 エアコン豆知識 エアコン購入する前に

中古エアコンのブーム到来!?中古でも安心なワケとは?

7月になると毎日のように叫ばれる夏日。日本の暑い夏を乗り切るためには、エアコンが必須です。エアコンの購入シーズンを前にして、「毎年なんとか乗り越えてきたけどそろそろエアコンが欲しい」「10年以上使っていたエアコンを替えたい」と購入を検討している方もいるのではないでしょうか。では、そんなエアコンを最安で手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか。ご紹介していきます。

エアコン

エアコンの型落ちでも機能はほとんど変わらないってホント?

エアコンといえば大型家電。値段もそれなりに高いため、多くの人がさまざまな機種を吟味した上で、部屋に合った最適のエアコンをなるべく安く購入したいと思っているのではないでしょうか。実は、性能のいいエアコンを安く手に入れる方法がひとつだけあるのです。それが、型落ちエアコンを買うことです。

家電はエアコンに限らず、毎年メーカーからより機能を改善した新作が出ます。エアコンはその傾向が特に顕著で、エアコンがシリーズ化しており、毎年同じ時期に同じシリーズの新作が発表されるようになっています。家電好きという方や新しもの好きという方は、なるべく最新の機種を購入したいと考えがちですが、エアコンのような高価な大型家電を毎年買い替えるというのは現実的ではありません。毎年新しい製品が出ているエアコンのシリーズですが、実は機能を見てみると前年とさほど変わらないというものもあります。 しかし、電化製品は型落ち、つまり最新機種でなくなると価格がぐっと安くなるという特徴があります。つまり、エアコンを安く買う秘訣は、機能的には後発の機種とさほど変わらない型落ちエアコンを選ぶことなのです。

機能がそのままで安く買えるならメリットばかり

前述したとおり、その年に出た最新エアコンでも、そのほとんどに画期的な機能が搭載されているわけではなく、基本的な機能はいかに効率よく冷やすか、暖めるか、ということになります。
型落ちエアコンといっても、通販サイトに出品されているものは1~3年前の機種がほとんどです。つまり、最新機種とほとんど機能は変わらないため、型落ちエアコンの購入は、最新機種と同程度のクオリティのエアコンが安く手に入れることと同じ意味と考えて差し支えないでしょう。
中古エアコンの購入を躊躇うひとのほとんどが抱いている不安は、「中古エアコンは衛生的な状態が良くないんじゃないか」「型落ちのエアコンは購入後すぐに壊れてしまうのではないか」といったことではないでしょうか。しかし、中古の型落ちエアコンといえど、きちんとした業者を通じて売買されているものは、業者によって徹底的にクリーニングされ、新品と変わらない状態で購入することができます。中を開けてみたらフィルターがひどく汚れていた、といったことはまずありえません。
また、エアコンは高価な分、長持ちする家電なので購入して数年で壊れるということは起こりえません。さらに購入サイトによっては補償を付けることも可能なので、不安な方はぜひ補償を付け安心して型落ちエアコンを使用しましょう。

エアコン

型落ちを一番最安値で購入するには?

さて、型落ちエアコンがいかにお得に購入できるエアコンが分かったところでご紹介したいのが、型落ちエアコンといえど、新中古品と中古品があるということです。
新中古品はアウトレットとも呼ばれ、メーカーの生産終了で家電量販店が扱わなくなった機種や、箱が傷ついてしまって扱えなくなってしまった商品などが扱われています。中古品とは扱いが異なるので、メーカー保証が付いている場合も多く、最新の機能が盛り込まれた機種が扱われているのが特徴です。
一方、中古品は言葉の通り、前の持ち主が売ったものを業者が買い取ったもので、新中古と違って実際に使用されています。しかし、中古品といえど、それなりの価格で売れるのは5年以内に購入したとされるエアコン。つまり、まるで骨董品のようなエアコンはそもそも中古品としても扱われないため、市場に出回るのは比較的新しい機種の中古品なのです。新中古品は未使用のため確実に綺麗というメリットはありますが、新品とさほど価格が変わらない場合も少なくなく、中古品と価格を比べるとどうしても高価に見えてしまいます。やはりもっとも安くエアコンを購入するための結論は、中古の型落ちエアコンを選ぶということなるでしょう。

まとめ

2018年6畳エアコンの最新おすすめ機種をご紹介してきました。巷には多くのエアコンが販売されており、どの製品を買えばいいのか迷ってしまうところですが、部屋の広さ、その部屋の用途に合った機能、コストパフォーマンスの良さ、自分が用意できる予算などを考えれば、おのずと自分に必要な機種を絞り込むことができます。ぜひ最適な機種を購入し、暑い夏を乗り切ってください。